渋谷区少年少女合唱団

渋谷区少年少女合唱団は、東京を代表する繁華街のひとつであり、最先端の流行やファッション、音楽、若者文化の街となっている渋谷に、 区制施行80周年を記念して2012年4月に結成されました。 様々な演奏活動を通して渋谷区の文化の発信に寄与しています。

こどもたちは 合唱芸術としての児童合唱音楽を学ぶことで、歌うこと、表現すること、創造することへの喜び、 豊かな心を育んで行きます。 そして、 児童合唱指導の専門家のもと、仲間と美しいハーモニーを築いて行く経験は生涯にわたってかけがえのない財産となることでしょう。

トピックス

今後の活動

準備中

活動案内

団員: 小学1年生から中学生までの区内在住・在学の方。現在約80名。
定例練習日時: 毎週土曜日・午後
定例練習場所: 渋谷区文化総合センター大和田4階 大練習室

前半クラス 13:00〜14:10

リトミックや身体を存分に使った発声練習からはじめ、 読譜や音楽記号の指導も行います。 国内外の遊び歌、 わらべ歌、合唱作品をテキストに、皆で声をあわせるユニゾンを学び、 二声のハーモニーに進み、 相対音感を体得させていきます。

前半クラス 写真 前半クラス 写真

後半クラス 14:10〜16:30

より豊かな響きを作る為の発声法を学び、 歌唱技術のレベルアップを図ります。 中世の音楽から現代音楽まで様々なスタイルのテキスト を歌う中で、 子どもたちの表現力や感受性を高めていきます。
一方では、集団で歌うことにより、 他の人の声に耳を傾ける力や周りと一体になることを学び、 その上で個性を持つことや、集団の中で歌うことに 責任感も養います。さらに学校や学年が異なる中、 友情を築き、協調性、社会性を育んでいきます。

後半クラス 写真 後半クラス 写真

指導スタッフ

掛江みどり(かけえみどり/音楽監督・常任指揮者)

武蔵野音楽大学音楽学部声楽科卒業。その後も専門の声楽はもとより指揮法、リトミック他、 幅広く研鑽を積む。 児童から大人まで数多くの合唱団を指揮、 指導し、コンサート、オペラ、レコーディング、コンクール入賞へと導き実績をあげている。 これまで《カルミナブラーナ》《マタイ受難曲》 《マーラー交響曲第3番》《間宮芳生・子供の領分》、 オペラでは《カルメン》 《夕鶴》《ラ・ボエーム》 《道化師》《オテロ》《ヘンゼルとグレーテル》《トゥーランドット》《トスカ》《スペードの女王》 《沈黙》《夜叉ケ池》 《死の都》等、新国立劇場、 日生劇場、 二期会に於いてコーラスマスターを務める。また、ユニバーサルミュージック 、ビクターエンタティンメント、教育出版、TDKコアレーベル他、 数多くのレコーデイングにて合唱作品を指揮し、 好評を博す。 NHK全国学校音楽コンクール、全日本合唱コンクール審査員ならびに東京都合唱祭講評者、ワークショップ他、 全国各地で講師を務める。 岸誠記念芸術奨励賞受賞。日本合唱指揮者協会会員。 東京都合唱連盟個人会員。世田谷ジュニア合唱団代表・指揮者。武蔵野音楽大学附属音楽教室講師。

藤澤幸義子(ふじさわゆきこ/常任指導者)

武蔵野音楽大学音楽学部声楽科卒業。声楽を工藤勇壹、菊池初美、三部安紀子、松本美和子の各氏に、日本歌曲を瀬山詠子氏に師事。 合唱指揮者として多くの合唱団を指揮、指導し、コンクール入賞、全国大会出場へ と導いている。ヴォイストレーナーとしても、 児童から大人まで全国の合唱団や小学校、 中学校へ出向き、合唱活動を支えている。NHK全国学校音楽コンクール審査員ならびに東京都合唱祭、 川崎市民合唱祭、 埼玉県合唱祭の講評者を務める。日本演奏連盟会員、 日本合唱指揮者協会実行委員。

島崎涼(しまざきりょう/指導者)

山梨県出身。 東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。 山梨県、東京にて演奏活動を行う。2013年1月、 国民文化祭やまなしオープニングステージ「かぐや姫」 にて右大臣役他、 声楽グループ「アンサンブル・アクチュアリテ」 にてテノールを務める。 二期会オペラ研修所所属。これまでに声楽を、大槻義昭、佐々木典子、 櫻田亮の各氏に師事。

山中惇史(やまなかあつし/常任ピアニスト)

1990年愛知県出身。7歳よりピアノ、 16歳より作曲を始める。東京藝術大学音楽学部作曲科を経て、同大学院音楽研究科修士課程作曲専攻に在学中。 これまでに、作曲を糀場富美子 、安良岡章夫、鈴木純明、 ピアノを森陽子、山泉薫、菊地裕介、白石光隆、江口玲各氏に師事。国内外の著名な演奏家との共演、又は委嘱を受けるなど、 ピアニスト、作曲家として幅広く活動している。
Twitter→@ginyamagin
Blog→http://ameblo.jp/ginyamagin/

活動の記録

2012年度

6月
結団式(文化総合センター大和田大練習室)
9月
東京商工会議所渋谷支部40周年記念パーティー(渋谷ヒカリエ)
10月
区制施行80周年記念式典(文化総合センター大和田さくらホール)
11月
くみんの広場(代々木公園)
1月
新成人を祝う会(渋谷公会堂)

2013年度

4月
2期生入団式(文化総合センター大和田伝承ホール)
10月
区政功労者表彰式典(文化総合センター大和田伝承ホール)
11月
くみんの広場(代々木公園)
12月
クリスマスミニコンサート(文化総合センター大和田伝承ホール)
1月
新年賀詞交歓会(東急セルリアンタワー)
1月
新成人を祝う会(渋谷公会堂)
3月
総務課共催公演「ごえんなこんさぁと」(文化総合センター大和田さくらホール)

2014年度

4月
3期生入団式(文化総合センター大和田大練習室)
8月
教育教材映像収録(文化総合センター大和田さくらホール)
10月
区政功労者表彰式典(渋谷区役所大集会室)
11月
くみんの広場(代々木公園)
11月
第1回定期演奏会(文化総合センター大和田さくらホール)
2月
「心のハーモニーベスト!」CD収録(ビクタースタジオ)

2015年度

4月
4期生入団式(文化総合センター大和田大練習室)
6月
第13回おやじ日本全国大会(文化総合センター大和田さくらホール)
10月
区政功労者表彰式典(渋谷区役所大集会室)
11月
くみんの広場(代々木公園)
11月
第2回定期演奏会(文化総合センター大和田さくらホール)
1月
東京商工会議所渋谷支部主催「新年賀詞交歓会」(セルリアンタワー東急ホテル)
2月
第27回千駄ヶ谷社教館まつり(千駄ヶ谷社会教育館)

2016年度

4月
5期生入団式(文化総合センター大和田大練習室)
4月
代々木八幡催し出演(代々木八幡区民会館)

団員募集

募集対象: 渋谷区内在住・在学の小学生、中学生
募集期間: 毎年1月〜2月頃
入団オーディション: 毎年2月〜3月頃
入団オーディション内容: 自由曲1曲歌唱、簡単な音感テスト、親子面接

Q&A

 合唱をやったことがありません。練習についていけるでしょうか?
 大丈夫です。リトミックを導入することで、 音感やリズム感を体得させソルフェージュで読譜能力も養っていきます。 初めて合唱団に入った子ども達も、楽しく元気にレッスンに通っています。
 レッスンには毎回必ず出席しなければなりませんか?
 原則として学校行事、病気など、やむを得ない事情以外は出席いただきます。 合唱は皆で心と声を合わせ美しいハーモニーを創っていく共同作業です。 子ども達は合唱団で音楽技術の向上と共にチームワークの大切さも一緒に学んでいきます。
 入団費や月謝など、必要な経費はどうなっていますか?
 入団費・月謝はございません。1年間の合唱活動に必要な経費として年に 1度活動費を徴収しています。 その他、渋谷区少年少女合唱団オリジナル制服等の購入費を負担して頂きます。 詳細は入団後に別途お知らせします。
 男の子はいますか?
 渋谷区少年少女合唱団では男の子達も元気に楽しく歌っています。 平成28年4月現在で13名の男の子の団員がいます。
 レッスンの時はどんな服装や持ち物を持っていけばよいですか?
 レッスンではたくさん身体を動かします。動きやすく温度調節をしやすい服装、 履物でいらしてください。 持ち物は、楽譜、飲み物、筆記用具、メモ帳などです。
 入団試験はどんなことをするのですか?
 歌唱試験と面談を行います。歌唱試験では、お子様の好きな自由曲1曲と、簡単な音声テストを行います。 面談は指導者、 事務局と保護者、 お子様とで質疑応答を行います。

連絡先

渋谷区少年少女合唱団事務局

文化総合センター大和田 管理事務室内
住所: 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町23-21
電話: 03-3464-3381
メール: little-singers@city.shibuya.tokyo.jp